満足度

前回ご紹介した『読んだら忘れない読書術』に同じジャンルの本を読む「固め読み」を行うと芋づる式に記憶し、覚えやすいということを得たので今回も読書系です。

本書はタイトルにあるよう読書をする際のアウトプットの大切さ、方法を説いた本です。

『読んだら忘れない読書術』とは内容が被るところがありますが、違う切り口でアウトプットについて述べておりさらに理解が深まります。

また、読書法について新たな発見もありました。

ポイント

読書をすることでどうなる?

なぜ僕たちは読書をするべきなのでしょうか。

多くの本を読むことで「パターン」を知り、物事を広い視野で見ることができます。

やはり生きていくうえで視野の広さというのは大切ですよね。

狭い視野と凝り固まった思考では成長できません。

その視野を広げる助けとして読書は一役買っているわけです。

「速読」よりも「乱読」!

「速読」は聞いたことがあっても、「乱読」は初めて聞いたという方も多いかと思います。

乱読というのは

いろいろな本を手当たりしだいに読むこと。

引用元:goo辞書

まさに漢字が表すように

乱れるようにいろんな本に手あたり次第に読んでいる様が想像できますね。

 

まず斜め読みをして必要なところだけをピックアップしそこだけを読み上げ、必要ないところは読まないとすることで速く読めるようになるわけです。

でもこういった取捨選択って難しいですよね。

著者は斜め読みのコツとして、自分がどんな情報を必要としているのかを事前に明確にするのが良いとしています。

そのようにすれば必要なところを上手くピックアップできそうですね。

そうは言っても最初は難しいことですからたくさん本を読んでいく中で少しずつ斜め読みのスキルを身に着けていけばいいかなと思います。

 

少し話が変わりますが、『読んだら忘れない読書術』では「深読」が勧められていましたよね。

乱読と深読はどちらがいいのでしょうか・・・

一見相反するように思われる両者ですが、いろいろ考えてみると両方とも同時に実行するのは可能なのではないではという考えにいたりました。

乱読で必要なところをピックアップしていきつつも、その必要なところはじっくり深読する。

これによって両方いっぺんにできるのではないでしょうか(*´▽`*)

いろいろな分野の本をたくさん本を読み、かつ必要な知識はバッチリ吸収していく。

乱読と深読の併用は最強なのでは?

本は何冊か同時に読むほうがいい?

著者は本は何冊か同時に読むほうがいいとしています。

しかし、これだけ読めばちょっと誤解してしまいます。

もっと読み進めていくと、

著者は「その時の気分や状況、目的に合わせて」本を選べばよいとしています。

例えば電車の中では難解な本ではなくエッセイのような簡単な本を読み、部屋でじっくり集中して読書するときは難しいビジネス書を読むといったような感じです。

つまりそのように本を選んで読書をしていけば自然と同時に何冊か読むようになるわけです。

だから本は何冊か同時に読むほうがいいとしているのです。

そうすると、同時に何冊か本を読むこと自体がいいことではないということですね。

僕は基本的に読書は家のような集中できるところでしか読みませんからこのような同時読みはしないかもです(;・∀・)

読書を最高の「自己投資」にするためには?

どんな本にも仕事や日常で使えるヒントが隠されているので、そういうところを探しながら能動的な読書を心がけ、読書で得たことをアウトプットすることで読書が「自己投資」になりうるそうです。

ではアウトプットにはどんな方法があるのでしょうか?

意訳する

翻訳された本って難しい本が多いですよね。

僕も投資関連の書籍で難解な翻訳本に出くわすのですが、これがいいアウトプットの機会になりえるんです。

分かりにくい言葉は、自分で分かりやすい言葉に置き換える、つまり意訳するということによってアウトプットする。

これがアウトプットになるとは考えたことがなかったので新たな発見でした。

でも意識せずこれまで自然にやってきたことなのかもしれません。

書評を書く

やはり書評はいいアウトプットになるみたいですね。

また、著者は書評を書くことで「伝える力」が伸びるとも言っています。

書評を書くことは本の知識を得られますし、伝える力も伸びますからまさに一石二鳥ですね。

お金を稼ぐ人は本をどう読む?

お金持ちの人は読書家のイメージがありますが、彼らは一体どんな本を読んでいるのでしょうか?

古典を読む

お金持ちの人は古典を読むみたいですね。

ものごとの真理や本質が書かれていることが理由なんだそうです。

確かに物事の真理、本質というのは昔から変わらないものですから古い時代からずっと読まれている古典から学べるものというのは大きいですよね。

「スキル」よりも「仕組み」を学ぶ

ビジネスにすぐに役立つスキルを学ぶことは大事です。

しかし、経営者(ビジネスオーナー)として稼いでいくためにはやはり仕組み作りが欠かせませんよね。

自分一人がプレイヤーとなって稼ぐには限界があることが見えてきた今日この頃、仕組みづくりの大切さは僕も痛感しています。

仕事と関係ない分野の本を読む

読書をするとどうなる?と重複しますが、

やはり自分の専門分野以外の本を読むことは大事ですよね。

違う角度からものを見ることによって新たな発見があったり、

新たな発想が生まれたりするものです。

また、専門家として他者と差別化を図るために専門知識+αの知識を得るためにも仕事と関係ない分野の本を読む意義があるのではないでしょうか。

難しい本でも読んでみる

難しい本であっても、幅広い教養を身に着け人間的な器を大きくするためにとりあえず読んでみるべきと著者はしています。

難しい内容を理解しようとし、教養を深めようとする努力が大事なのだとか。

僕は2年位前にピーター・F・ドラッカーの『マネジメント』を読んでみたのですが、難解すぎて投げ出した過去があるのでもう一度読み直してみようと思います。

(そういえば去年の年末の大掃除でブックオフに売っちゃってたw)

まとめ

やはりアウトプットが大事なようですね。

深読に付け加え乱読をするために乱読のスキルを磨いていきます。

あとは古典を読んだり、難しい本にも挑戦しなければなりません。

個人的には『孫子の兵法』や『論語』が面白そうだなと思っているのでまずはその辺からかなと。

本書は『読んだら忘れない読書術』と合わせて読むとより記憶に残る読書法を身に着けられると思うので両方読むのをオススメします。